離婚後に責められた言葉【カサンドラ離婚話76】

こんばんはアゴ山です!

カサンドラ離婚話76だよ!

前回のお話は→こちらをクリック

 

 


※「相手に」の間違いです

 

広告

 

 

 

あとがき

「努力が足りない」

離婚してからそんな風に言われたこともあったし、そういう意見も目にしたこともあった。

でも、夫婦の話し合いに関しては私は結構頑張ったと自分でも思う。
何か相談事があったらまず相談、決めたいことがあったら一緒に納得するまで話す。
我慢することもなくため込まないように、嫌なことがあったら指摘して、こちらも直すように努力した。

決して向き合わなかったわけではなかった。

それでも人間ならコミュニケーションが当たり前にとれると思っていた自分が甘かった。

後から、自分とは別の次元で生きている人も居るんだと分かった。

気が付くのが遅く、気が付いたころにはとっくに愛情なんて消え失せていた。

意地が悪いけど、最後の家族への愛情を試したかったので、別宅は自分で探してもらうことを期待していた。
家族を失いたくないために、必死になってくれる夫を見たかった。

でも無理だと判断した。
もう待っても待っても、きっと答えなんて来ないはず。

私は強引にでも離婚をすることを伝えた。

つづく


(↑クリックでリンク飛びます)

カサンドラ離婚のお話がベビーカレンダーさんで少しの間連載させて頂くことになりました。
今までのお話がまとめて読めるので、ご興味ありましたら是非見てみてください~

その他のお話

カサンドラ離婚話を最初から読む

プロローグ【カサンドラ離婚話】

友達が不倫をした話

誰よりもピュアだった友人が不倫沼にハマった話①

その他

このブログの作画は公式ブロガーの鳥頭ゆばさんに描いて頂いています!



アプリなら通知ですぐ読める!

NAPBIZブログ

NAPBIZブログ






同じカテゴリの記事